Web Design Office スタジオビートルでは、ビジネスを効果的に進めるために、Webサイトの大きな要素であるデザイン・コンテンツ・SEO対策をバランス良く組み合わせて、ビジネスに直結にするWebサイト制作を致します。

マーケティング調査・分析に基づいたWeb戦略

お客さまのビジネスにあったキーワードの調査・分析に基づくキーワードの調査。

効果が出るWebサイト制作には仕組みが重要

売上・お問い合わせ数の増加やブランディングのためにホームページを制作したけど、更新が面倒、手間で管理できない・・・そのようなホームページが多々あるのが実状です。 ホームページを開設して商品やサービス情報を掲載すれば売上やお問い合わせ数が増加する、ということはまずありえません。ひとりでも多くのユーザーに訪れてもらうための仕組み作りが重要です。

SEO対策、リスティング広告などにより、アクセス数を獲得することはできますが、それだけではユーザーニーズに応えられません。アクセス解析により、 アクセスしてきたユーザーがどのようなキーワードで検索して、ユーザーはどこで離脱しているかを分析、把握し、重点的に改善することが必要です。

ユーザーは何らかの目的を持ってホームページにアクセスします。

そのユーザーの目的を満たすコンテンツがなければ、ユーザーは離れていってしまいます。

  • ユーザーニーズを満たすには?
  • ユーザビリティを良くするには?
などの仮説を立て、コンテンツを用意し、導線設計を考え、それに基づいたWebデザインを施します。また、コンバージョン率を高めるため、EFO対策(エントリーフォームの最適化)も必要になります。

誰のために、何を目的として、どのようなホームページを構築するのが良いのか、という指針を決定し、SEO対策、LPO、EFO、導線設計、アクセスログ解析などを通じて、目的達成のためのトータルな提案を行います。

SEO対策、LPO対策と効果測定

集客方法のひとつであるSEO対策は、キーワードの選定がカギを握ります。ユーザーがどのようなキーワードで検索しているのかを把握することができれば、ホームページへの集客ルートが確保できて、アクセス数は伸びます。しかし、売上に直接つなげることはできません。検索エンジンから訪れたユーザーに対して、そのユーザーにマッチしたコンテンツを提供することができているか、という行動経路を気にする必要があります。もし、与えられているなら、それはキーワードとユーザー、コンテンツが正しくマッチしていることになり、このようなホームページは成功します。 しかし、アクセス数が伸びても売上につながっていない場合は、ユーザーのニーズに対して適切な情報を提供できていないことになり、これでは、売上アップにつなげることができません。 このような場合には、ランディングページを用いた集客方法、LPO対策が有効的です。検索キーワードに対して、マッチするコンテンツをユーザーに提供していくことで、ホームページでの売上アップを図ることができます。

Contact Us!!

Web制作やEC制作に関するお問い合わせはこちら

TEL.077-536-5388受付時間:9:30~18:00 (土・日・祝除く)

メールからのお問い合わせ

閉じる